メニュー

アロマテラピーについて

アロマテラピーとは

植物の香りを楽しみながら、その力をリラクゼーションやリラックス、美や健康管理に役立て、生活をより豊かにすることをアロマテラピーといいます。

植物の香りとして用いるのが「精油(エッセンシャルオイル)」です。

精油は、植物から芳香物質(香りの成分)を取り出したものであり、有機化合物に当たります。

油、とつきますが、油脂ではありません。

親油性、脂溶性があり、水には溶けにくいですが、油脂には溶けやすいものです。

どんな効果があるの?

ここでは主に、芳香浴を想定した作用についてご説明します。

鼻から嗅いだ香りの物質は、鼻腔奥の嗅上皮に届き、香りの情報が電気信号に変えられます。

脳内ではその信号が、大脳辺縁系や海馬、視床下部といったさまざまな部位へ伝達されます。

心地よい香りは、自律神経や免疫系、感情や情動のバランスを整えることにつながります。

 

★アロマテラピーの効果★

●自律神経や免疫系のバランスを整える

●感情や情動に作用

●抗菌、抗真菌効果

●肌の引き締め作用や保湿作用

●虫よけの効果

など

 

安価なアロマは人工的に作られた化学物質が含まれていることがあり、

香りが良くても薬理的な作用は期待できません。

また、100%天然のアロマオイルでも、栽培される土地の気候や土壌、収穫時期などによっても成分が異なります。

このため、質の良いアロマを正しく使用し、生活に役立てていく必要があるのです。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME